男性スタッフ

給湯器は評判で厳選するべし|確実な選択方法を知る

家庭用給湯器にも石油を

作業員

ガス・電気にも劣らぬ性能

給湯器といえば一般にはガスを使用するタイプと電気を使用するタイプがおなじみですが、実はこれらに加えてもう1つ、石油給湯器というものがあります。石油給湯器はオフィスビルや銭湯など以前は業務用の大容量タイプが主体でしたが、最近ではコンパクトな家庭用の製品も販売されています。中には温度設定の細かさや湯が沸くまでの速さという面においてガス式や電気式とまったく遜色がないものもあります。石油給湯器を利用する際の注意点としては、光熱費が石油価格の変動の影響を受けやすいということが挙げられます。一方、メリットとしては燃料の貯蔵ができるという点を挙げることができます。これは、自然災害によってライフラインが寸断された場合などに大きな助けとなります。

省エネ性に優れた製品も

石油給湯器には給水方式によって2種類にわけることができます。すなわち瞬間式と貯湯式です。まず、瞬間式は水道から流れてくる水をそのままバーナーで熱する方式です。現在主流となっているタイプであり、蛇口をひねればすぐにお湯が使えるので非常に便利です。一方、貯湯式はいったんタンクに貯めた水を温め、それを給湯に利用するというものです。沸かすまでに一定の時間を要しますが、一度に大量のお湯を使えるというメリットがあります。また最近では、経済性に着目した新しいタイプの製品も登場しています。通常、バーナーを熱すると大量の排気が発生しますが、この排気は200度近い高温の熱を持っています。新方式では排気をもう1度給湯器内に取り込み、排気熱で水を温めるような仕組みになっています。熱効率を高め、石油の消費量を減らすことができるとして人気を呼んでいます。