男性スタッフ

給湯器は評判で厳選するべし|確実な選択方法を知る

ガス機器の買い替え

4人の作業員

ガス機器の家庭用給湯器には、当然ながら寿命があります。年数を経た給湯器は、交換工事を検討する必要が出てきます。家族の人数や使用頻度によって、耐用年数に違いがありますが、おおよそ設置後10年から15年くらいが、「給湯器買い替えの交換工事」の目安と考えていいでしょう。その時期になれば、給湯器の交換工事を検討することになる可能性が高いです。お湯の温度が一定しない、異音が出る、水漏れがするなどの状態になって、不具合に気づくことも多いです。早い段階で不具合に対処すれば、修理をすることも可能ですが、耐用年数に近づいた給湯器では、またすぐに不具合が出る可能性があります。これを機会に、買い替えの交換工事をした方が、再び給湯器が使えないといった不便さを回避することができます。

給湯器にも種類があります。家全体に給湯する「給湯専用のタイプ」もあれば、家中に給湯するのにプラスして「お風呂の追い焚き機能」のついたものもあります。あるいは、給湯と追い焚き機能に加え、浴室暖房や床暖房までできるものもあります。それぞれの家庭での必要性に応じて、給湯器を選ぶことになります。また、取りつけ業者の選択は大切なポイントです。交換にかかる費用はもちろんのこと、アフターサービスについても確認しておくべきでしょう。給湯器が使えなくなって、お湯が出なくなると、大変困った状況になります。お風呂やシャワーも使えず、お湯で食器を洗うこともできなくなります。やはり日頃から、給湯器の状態に気を配る意識を持つことが必要でしょう。そして、何かあった時、すぐに動ける体制をとっておくことが大切です。